レーシックを東京でする前に!

レーシックを東京でする前に!【※要注意】

ホーム » レーシックよくある質問 » レーシックで目が良くなりすぎる過矯正のリスクは?

レーシックで目が良くなりすぎる過矯正のリスクは?

レーシックで目が良くなりすぎる?

 

レーシックは皆さんもご存知のように、眼球の中にある角膜を削ることによって目のピントを調節します。このピントがちゃんと合っていないと視力が低下するんですが、近くを見るときにちゃんとピントが調節できない状態を「近視」というんですね。
 

過矯正の対策

 

レーシックは、今ではすっかりおなじみの手術になりましたが、実はまだ年々進歩している治療方法でもあります。
 

もともとの原理が大きく変わることはありませんが、フラップの作成や角膜の調整などにコンピューター制御が取り入れられ、今ではかなり精密な治療が可能になりました。ですので、過矯正になるリスクはかなり減ったと言っていいでしょう。
 

また、精密な手術が可能になったおかげで、万が一過矯正になってしまっても、再手術によって適度な範囲へと調整することも可能になっています。
 

角膜を削ることが出来る分には限界があり、昔の方法ではもう一度削るということが難しい面もありましたが、新しい技術によってこれが可能になったということですね。
 

また、技術が進歩したことによって過矯正のリスクが大幅に減り、今では再手術による調整を保障しているところがほとんどとなっています。
 

角膜を削る量を極限まで減らした品川近視クリニックのアマリスZレーシックや、そもそも角膜を削らない新宿近視クリニックのリレックススマイルなどは、本当に素晴らしい施術だと思います。
 

過矯正のリスクは完全にゼロにはなりませんが、こうした新しい技術によって対策することも十分可能になっているんですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー