レーシックを東京でする前に!

レーシックを東京でする前に!【※要注意】

ホーム » レーシックよくある質問 » 

レーシック手術の欠点とは?!

レーシックの数少ないデメリットの存在

 

メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれると期待が寄せられている、レーシック。こういったものはメリットばかりが大きく取り上げられますが、デメリットも僅かながら存在するようです。
 

レーシックでは、角膜など眼球の組織に直接処置を施します。眼球表面の膜を切ってフラップを作り、角膜を露出させてレーザーを使い削る方向で調整するわけですから、眼球に傷をつけるという側面もあるんですね。
 

もちろん手術中の感染に関しては、手術室の徹底した衛生管理などで防がれています。ですが、目の表面に形成したフラップは生理学上で見ると完全に定着することはありませんので、これが原因となるトラブルも僅かに存在します。
 

また急に視力が回復することによって視野に大きな違和感を感じたり、眩しさを強く感じたりすることもあると言われています。
 

欠点として露呈しない理由

 

レーシックによって眼球表面に形成されたフラップは、術後ある程度は安定するものの、完全に定着して元通りになることはありません。
 

ですが、強い力で目をこすったり、眼球に強い衝撃を与えたりしなければずれてしまうことはありませんので、これは僅かな注意で防げるものであり、大きな欠点とは言えないのではないでしょうか。
 

また視野に現れる違和感も、現在ではコンピューター制御による精密な施術が行われていますので、そうした症例はごく僅かになっています。
 

アフターケアの存在

 

術後のフラップのずれや視野の違和感は、レーシックを行うクリニックでは当然把握しています。外科的処置を施す以上、こうしたことは皆無にはなりませんが、術後の定期的な検診や必要な場合の再手術によって改善するように工夫されています。
 

欠点も把握しアフターケアも万全な対策が取られていますので、こうしたことを含めるとレーシックの欠点はほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。

レーシックで目が良くなりすぎる過矯正のリスクは?

レーシックで目が良くなりすぎる?

 

レーシックは皆さんもご存知のように、眼球の中にある角膜を削ることによって目のピントを調節します。このピントがちゃんと合っていないと視力が低下するんですが、近くを見るときにちゃんとピントが調節できない状態を「近視」というんですね。
 

過矯正の対策

 

レーシックは、今ではすっかりおなじみの手術になりましたが、実はまだ年々進歩している治療方法でもあります。
 

もともとの原理が大きく変わることはありませんが、フラップの作成や角膜の調整などにコンピューター制御が取り入れられ、今ではかなり精密な治療が可能になりました。ですので、過矯正になるリスクはかなり減ったと言っていいでしょう。
 

また、精密な手術が可能になったおかげで、万が一過矯正になってしまっても、再手術によって適度な範囲へと調整することも可能になっています。
 

角膜を削ることが出来る分には限界があり、昔の方法ではもう一度削るということが難しい面もありましたが、新しい技術によってこれが可能になったということですね。
 

また、技術が進歩したことによって過矯正のリスクが大幅に減り、今では再手術による調整を保障しているところがほとんどとなっています。
 

角膜を削る量を極限まで減らした品川近視クリニックのアマリスZレーシックや、そもそも角膜を削らない新宿近視クリニックのリレックススマイルなどは、本当に素晴らしい施術だと思います。
 

過矯正のリスクは完全にゼロにはなりませんが、こうした新しい技術によって対策することも十分可能になっているんですね。

最近の投稿
カテゴリー